ホッと空の物語67‐トンネル掘削機の能力/深さと長さ

シールド・硬岩TBMは誕生後も絶えず進化を続けている。これまでの歴史を振り返ると、現在は第三世代の後半と言うところかと思う。この先、周辺技術が高度化したりニーズの次元が変わると、どのような姿になるか興味が尽きない。まず基本的な疑問として、どのくらい早く掘れるか、どこまで深く掘れるか、どこまで長く掘れるか、どれほど大きく出来るか、どのよう…
コメント:1

続きを読むread more