テーマ:少年

ホッと空の物語‐9 少年の思いー2

ホッと空の物語‐9 少年の思いー2(改)          憧れの高松高校に入った。合格発表と同時に呼び出しがかかり、入学日までの課題学習の指示があった。古文の課題として「徒然草」の読破、文章読解力の強化として笠信太郎の「物の見方」を精読して、要約・感想文を作ることであった。これは何度も読み直してノート1冊にまとめた。英独仏の民族…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホッと空の物語ー8 少年の思い-1

小学四年生の特、戦艦大和の模型を作った。粘土で船型を作り、それに習字の紙を何枚ものりで重ね張りして形を作った。甲板、艦橋、大砲は木で作った。電池とモーター、スクリューをセットして、重心を調整する。紙の船体に油性ペンキを塗って完成である。舵の角度を少しずつ変えながら大きな円を描くように池で走らせて遊んだ。壮観であった。艦長の山本五十六の気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more