テーマ:トンネル

ホッと空の物語67‐トンネル掘削機の能力/深さと長さ

シールド・硬岩TBMは誕生後も絶えず進化を続けている。これまでの歴史を振り返ると、現在は第三世代の後半と言うところかと思う。この先、周辺技術が高度化したりニーズの次元が変わると、どのような姿になるか興味が尽きない。まず基本的な疑問として、どのくらい早く掘れるか、どこまで深く掘れるか、どこまで長く掘れるか、どれほど大きく出来るか、どのよう…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ホッと空の物語66‐トンネル掘削機の能力/大きさ

シールド・硬岩TBMは誕生してから進化を続けている。これまでの歴史を振り返ると個人的には、現在は第三世代の後半と言うところかと思う。この先技術レベルが高度化しニーズの次元が変わると、どこまで行くか興味が尽きない。まず基本的な課題として、どのくらい早く掘れるか、どこまで深く掘れるか、どこまで長く掘れるか、どれほど大きく出来るか、どのような…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ホッと空の物語65‐トンネル掘削機の能力/速度

シールド・硬岩TBMは誕生してから進化を続けている。これまでの歴史を振り返ると個人的には、現在は第三世代の後半と言うところかと思う。この先技術レベルが高度化しニーズの次元が変わると、どこまで行くか興味が尽きない。その中で基本的な課題として、どのくらい早く掘れるか、どこまで深く掘れるか、どこまで長く掘れるか、どれほど大きく出来るか、どのよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホッと空の物語64‐TBMオリンピック ロンドンCTRL‐2

CTRLプロジェクトはドーバー以後10年振りの大型案件だった。欧州ではシールド工法が見直され活発に採用されていた。我々はここまでに英国に実績を築いていたので地歩をより固める事が出来る、部門の人材も若返っているので海外活動を継承する事も出来ると期待した。しかし、英国内も足元も大きな環境変化が始まっていて、加えて技術面でも様々なトラブルが起…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ホッと空の物語63‐TBMオリンピック ロンドンCTRL‐1

第30回オリンピックは2005年にロンドンに決まり2012年に開催された。これに先立つ2002年から2003年にかけてTBMのオリンピックとも言うべきプロジェクトが英国に在った。CTRL(Channel Tunnel Rail Link) と言う。英仏両国はユーロトンネルの開業に合わせて高速鉄道路線を整備することになっていた。フランスは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホッと空の物語60‐ドーバートンネル後の世界情勢

1991年に英仏海峡プロジェクトが終了した後、硬岩用TBMはテイクオフ期を迎えていた。シールドは1992年に東京湾横断道路用14.14mφ泥水シールドを3基受注し、また着脱式三連シールドも開発受注した。海外でも1991年にプサン下水の硬岩シールドを始めロンドン地下鉄用シールド、中国 広州地下鉄シールドを受注するなど、売り上げ的にも増大期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホッと空の物語59‐オープンTBMよ もう一度

硬岩TBMのコア技術はローラーカッター(DRC)と大容量ドライブユニット(電動機、減速機)である。DRCは17インチ、19インチについてMMC社と共同開発を行った。競合会社のグループ企業なので強い社内反対が有ったが、巨大な一流企業でないと追い付けないと信じたし、MMCの開発担当者とは同じ夢を見て協力しあうことに一致した。ドライブユニット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホッと空の物語58‐硬岩用トンネル掘削機のテイクオフ

軟弱土用シールド掘進機は泥水式、土圧式の開発により、1990年台までは日本が世界を席巻した。しかし硬岩TBMは、まだ欧米が圧倒的であった。ドーバー終了後の海外での営業活動はTBM分野では完膚無きまでの敗北であった。ただドーバーで二つの技術が交差し新しい風が生まれてきた。ロビンスのディックが、「あなた方は一度覗いた技術は消化して強力な武…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホッと空の物語‐15 国産TBMの開発

国産TBMの開発 入社9年目の昭和56年(1981)に、硬岩用のトンネル掘削機(TBM)開発の打診があった。石油ショック後で、新エネルギー財団を中心に、全国に多数の小水力発電所を作ることを目指した。その導水路用トンネル掘削機である。開発資金は国費で直径は1.8~2.0mφで、岩も土砂も掘れる機械とある。ドイツでTBMの研修を受けてきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more