テーマ:トンネル

ホッと空の物語74‐マシントラブル

トンネル掘削機は案件毎の受注製品で、納入、施工終了までに様々なトラブルが発生する。機械の大きさに関係なく、油圧、電気、CPなどを組み合わせた複雑な技術システムであり、使用場所は大きな地圧力の働く地中なので、思いがけない問題が起こる。 そして工法の特性として掘削を開始すれば後戻りはできないのでトラブルによってはトンネルを貫通できないとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホッと空の物語73‐世界の宗教 in シンガポール

日本人は宗教についてあまり関心を持っていないが、世界ではどの宗派に属しているかは国籍やそれ以上に重要な事である。西暦はキリスト教の年代を基準としてカウントしている。令和二年はA.D.(Anno Domini =主の年)2020年となる。ユダヤ暦では5780年または81年である。イスラム暦(A.H.)では1441年あるいは42年となる。日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホッと空の物語72‐世界の料理‐アジア

外国で楽しみの一つは食事である。嫌な事があっても旨い物に出会うと「いい国だなー」と思う。 西洋料理の代表はフランス料理だろう。これにトマトやオリーブオイルで味付けすればイタリアンに、魚貝を加えるとスペインになる。豚肉やポテトを主力にすればドイツである。アジア料理も中華、インド、タイ、日本と味も食材も料理法も非常に幅広い。しかし西洋料…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ホッと空の物語71‐世界の料理‐西洋

 外国を旅する楽しみは、景色、街、人物、歴史建造物と共に、食事である。移動中や街中で多少いやなことがあっても美味しい物にありつけると「いい国だなー」と思うことができる。美味しいという感覚は単に舌の味覚だけではなく、衛生、食材の安全、生活の安全、気楽さと良い緊張感、妥当な代価など多くの要素が満たされて成り立つ。1985年から20年間、世界…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ホッと空の物語46‐海峡のモグラ-艱難辛苦の初期発進

最初の5リングのセグメントを組立てる(仮リング)と、6リング目からTBMはドーバーの地山に突入することになる。契約どおり、12月5日に準備完了となった。 盛大な発進セレモニーが行われ、T2機はヨーロッパ号と命名された。さあ出発と言う段階で、仏人オペレーターが動かない。先ほどまで運転していたのに、出来ないと言う。「このボタンを押せば良い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホッと空の物語‐15 国産TBMの開発

国産TBMの開発 入社9年目の昭和56年(1981)に、硬岩用のトンネル掘削機(TBM)開発の打診があった。石油ショック後で、新エネルギー財団を中心に、全国に多数の小水力発電所を作ることを目指した。その導水路用トンネル掘削機である。開発資金は国費で直径は1.8~2.0mφで、岩も土砂も掘れる機械とある。ドイツでTBMの研修を受けてきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more