ホッと空の物語-1

瞬きのはじめ 

ゴロリと横になると、芝生の匂いが心地良い。今日の陽射しは北フランスの古都リールの11月初旬にしては暖かい。空に北北東に向かって飛行機雲ができている。あの高度なら日本行だろう。俺はいつ乗れるのだろうか。とても不安になった。
ドーバー海峡トンネル用掘削機(TBM)の受注競争が始まった1986年のことである。
瞬きをすると幼い頃からの様々な思い出が瞼の彼方に浮かぶ。この間の変化は時空を超えて大きく面白い時代であった。

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

この記事へのコメント

2020年06月23日 02:35
なるほど

この記事へのトラックバック